HappyWoodブログ

TOP > BLOG

2008/10/10 金曜日

もったいない!(another story)

Filed under: その他 — happywood @ 17:32:31



先日実家からお土産にとニセアカシアの苗木を一株もらいました。
たまに行く浜名湖ガーデンパークに大きなニセアカシアがあり
風に揺れる鮮やかな黄緑色の葉には少し憧れていました。
でも家の周りは生垣状のシラカシとその内側には
取留めもなく色々な草木を植えてありスペースがありません。
何処に植えるか散々迷った挙句、本当に思い切って
デッキ西側の砕石を敷いて最後まで空けてあった場所に決定。
すると家内がさも簡単そうにレンガを並べて囲いたいと言うのです。
ニセアカシアは育てば高さ五メートル以上になるでしょうから
レンガで囲うにはかなり広く掘ってモルタルを使ったり土を入れたり
かなり大掛かり?な作業が必要ですし一人で出来るかも心配です。
それにちゃんと育つか判りませんから、その提案には御免なさいして
ただ砕石をどけ硬い土を三十センチ以上掘って植えてみました。
しかしやはり何か物足りません。レンガよりもっと小振りで
何かアクセントになる物はないかと外の収納を探していると
数年前に仕事で使った南米材・イペの端材が出てきました。
幅105ミリ、厚さ30ミリのデッキ用材の切れ端です。
長さは30ミリ前後で不揃いですが硬くて重くて腐らないので
もったいなくて捨てられなかったもの。これだ!と確信して
苗木を円形にそれも目分量で囲ったのが上の写真。
ピースを並べた後、間に砕石を詰め踏み固めただけですが
思いつきにしてはイイ感じに出来たと自己満足。
女性陣にも評判上々でヤレヤレです。

実は会社には前述のイペの他にも長年溜め込んだ
南洋材のセランガン・バツー、オーストラリアのジャラ
ブラジルのマニルカラなどかなりの量の堅木の端材が
より良い使い道を求めてひっそりと眠っています。